株式の出庫

[1/2]
出庫とは、松井証券から他の証券会社にほふり(証券保管振替機構)を利用して移管する方法です。所定の手続料がかかる場合があります。
※株券電子化に伴い、上場株式等の現物出庫は受付けていません。

<機構間振替による出庫方法>
利用する場合、当社での手続が必要です。

1.機構間振替の手続は、当社で行います。手続を申請する時点で振替先証券会社の口座が開設済であることが必要です。
2.松井証券顧客サポートへご連絡ください。必要書類の郵送手続きを行います。
必要書類
・特定口座間の振替…「特定口座内保管上場株式等移管依頼書」
・一般口座間の振替…「口座振替申請書」
3.振替先(受方)口座明細欄等必要事項をご記入ください。
4.ご記入済の依頼書を当社へご提出ください。依頼書が当社に到着した日から起算して3営業日目以降に振替手続きをします。振替指示日のご指定は受付けできません。ご了承ください。
移管依頼書・振替申請書の送付先
〒103-8790 日本郵便株式会社日本橋郵便局私書箱280号 松井証券株式会社 行

■特定口座と一般口座への出庫
・当社特定口座から他社特定口座…可能
・当社特定口座から他社一般口座…不可(※)
・当社一般口座から他社特定口座…不可(※)
・当社一般口座から他社一般口座…可能
※証券会社間の振替時に特定口座と一般口座の変更はできません。振替前に手続きしてください。なお、一般口座への振替後、再度特定口座への振替はできません。

<ご注意>
・制度上、当社特定口座で保有している同一銘柄の一部のみを他社特定口座に振替出庫できませんので、全株数出庫になります。
・決算などによる権利落を迎える銘柄は、権利落日から権利確定日まで振替出庫できません。権利確定日以降、手続きします。また、出庫先証券会社によっては月末最終営業日に機構間振替による入庫を受付けないことがあります。このような場合、翌月第1営業日以降、手続きします。通常より時間がかかりますので、ご注意ください。
・同時に複数の証券会社へ振替出庫する場合には、相手先証券会社ごとに口座振替申請書を作成し、ご提

次へ>

戻る

利用規約/規定・ルール
松井証券TOP

松井証券サイトマップ
リスクおよび手数料などについて
(C)Matsui Securities, Co.,Ltd.