株式の入庫

[1/3]
入庫とは、他の証券会社から松井証券にほふり(証券保管振替機構)を利用して移管する方法です。松井証券での手続料は無料です(移管元の証券会社で手続料がかかる場合があります)。

<取扱銘柄>
■上場株式、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)、インフラファンド、ベンチャーファンド、ETN(上場投資証券)
※取扱市場は次のとおりです。
東証(1部、2部、JASDAQ、マザーズ)・名証(1部、2部、セントレックス)・福証(福証単独上場銘柄のみ、Q-Board含む)・札証(札証単独上場銘柄のみ、アンビシャス含む)
※TOKYO PRO Market銘柄、カントリーファンド、「ウィズダムツリー・マネジメント・ジャージー・リミテッド」が運用する商品ETF、中国ファンド、MRF、転換社債、その他の債券等は現在のところ取扱いしていません。
※日本銀行(8301)はほふり(証券保管振替機構)非取扱銘柄のため取扱いしていません。

■上場が承認されている新規公開銘柄
※口座通知書が必要です。
※口座通知取次受付期間に受付けます。期間を過ぎますと、特別口座での管理になりますのでお早めにお手続きください。売却注文は、上場日より可能です。
※上場申請日の直前事業年度末日の1年前の日から、上場日の前日までの間に、第三者割当等の方法による新株割当を受けている場合、原則として、効力発生日から上場日以後6か月間(1年に満たない場合には発行日から1年間)を経過する日まで割当新株を継続して保有する必要があります。

<ご注意>
・取扱銘柄以外の入庫は受付けません。
・整理銘柄は、入庫受付期限がありますので、手続きはお早めにお願いします。また、当社判断により、入庫をお断りする場合や入庫受付期限を繰り上げる場合があります。なお、上場廃止予定銘柄の売却は、損益通算支援サービスをご利用ください。
・単元未満株のみの入庫はお断りする場合があります(特別口座などからの入庫は受付します)。

<機構間振替による入庫方法>
利用する場合、現在株式を預けている証券会社でほふり(証券保管振替機構)の手続が必要で

次へ>

戻る

利用規約/規定・ルール
松井証券TOP

松井証券サイトマップ
リスクおよび手数料などについて
(C)Matsui Securities, Co.,Ltd.